借地権の売却に関するご相談・お問い合わせは(東京23区)
フリーダイヤル:0120-917-093

TOP > トラブル事例&解決事例 > 2. すっきりパターン

トラブル事例&解決事例

借地権売買。
プロにまかせると、どうちがうの?


すっきりパターン ①

大田区  Eさんの場合

借地として運用したい地主さんの意向を汲んで、 新たな借地権住宅の経営を提案。

ご高齢となり施設に入所するため、不要となった借地権の処分を希望していた借地人のEさん。

依頼を受けた当社は、
地主さんに対し借地権の買い戻しや等価交換などさまざまな方法を提示しましたが、地価の高いエリアであることも相まって条件面で折り合わず、地主さんはなかなか首をタテに振ってくれません。

ただ、地主さんは周辺に多くの底地を持つ大地主さんで、承諾料を得て借地として地代での運用を続けることには拒否感を抱いていないようでした。

そこで、当社がいったん借地権を買い受けて借地人となり、提携会社とともに借地権付住宅を建築したうえで新しい借地人さんへ分譲するプランをご提案。

当社が責任を持って承諾条件や新借地人さんとの契約内容などの調整をおこなうことで地主さんからご承諾いただき、Eさんは無事に借地権を売却することができました。

すっきりパターン ②

品川区  Fさんの場合

高額な地代が負担となり、支払が滞るように。
当社のアイディアでトラブルの芽を穏便に解決することに成功。

品川で広大な土地を借りていた借地人のFさん。
借地人さんはこの借地で長年ご商売をされ、地主さんとの関係も良好でした。

ところが、借地人さんが事業を続けている間は良かったのですが、事業をやめた後、広い借地の地代が負担となり、支払が滞るように。このままでは借地契約を解約されても仕方ありません。
また、事業をやめた借地人さんにとってはこの借地はもう不要なのですが、建物の取り壊しなどの費用を考えると単純に地主さんにお返しすることもできません。

一方、地主さんは地代の滞納には大変お困りでしたが、借地人さんとの争いごとは望んでおらず、できる限り早くかつ穏便に煩わしい借地関係を解消したいとお考えでした。

そこで、当社が借地人さん地主さんそれぞれから、借地権と底地を買い取ることをご提案。
双方と交渉を重ねた結果、借地と底地のすべてを買い取ることに。

地主さんは、裁判沙汰などの面倒な争いに巻き込まれることなくスムーズに底地を処分でき、借地人さんは、借地権の売却額を元手に他の場所へ転居することができました。

借地権・底地に関するご相談や、「無料個別相談会」お問い合わせなども、お気軽にお電話ください!

PAGE UP
Contents INDEX