借地権の売却に関するご相談・お問い合わせは(東京23区)
フリーダイヤル:0120-917-093

TOP > トラブル事例&解決事例 > 3. Wハッピーパターン

トラブル事例&解決事例

借地権売買。
借地人さんも地主さんも、めでたしめでたし!



Wハッピーパターン ①

渋谷区  Gさんの場合

当社が底地を買い取り、借地人さんとの間で等価交換。
借地人さんは少ない資金で土地と新居を手に。

地主さんから底地の買い取りを打診されていると相談にみえた借地人さんのGさん。
できれば底地を買い取り、住み続けることをご希望されていましたが、そのための高額な資金の用意が困難とお困りでした。

底地を買い取り、一部を売却すれば所有権の土地としてかなりの金額となりますが、金融機関は底地購入資金の融資をしてくれず、先立つものがありません。
そこで、当社からご提案。
当社がいったん底地を買い取って地主となり、その後、借地人さんの借地権と当社の底地を交換(相互に売買)するというお互いに完全な所有権の土地を取得できるプランをご提案しました。

借地人さんも愛着のある土地を所有でき安心して住み続けることができるならと快諾。
また、敷地の広さに余裕があったため当社がやや広めの敷地を取得することで、当社から借地人さんへその分の差額をお支払することに。
そのお金を建築資金に充てることで、少ない資金負担で所有権の土地と新居を手に入れることができました。

地主さんは早期に底地を売却することができ、借地人さんは住み慣れた土地に、新しい建物で住み続けることができるようになり、双方にとってよい結果となりました。

Wハッピーパターン ②

江東区  Hさんの場合

借地権・底地の両方を買い取り。
借地人さんも地主さんもダブルで納得。

借地権を相続したがすでに自宅を所有しており、処分をお考えのHさん。
「現在2社ほど買取価格を聞いているが、住友林業レジデンシャルはいくらで買ってくれるの?」とのご質問。

当社の対応としては、地主さんの意向をうかがわないことには何も決められないことをご理解いただき、路線価や借地権割合から機械的に算出するあいまいな査定はお断りしました。

じつはHさん、「2社ともすぐに金額を出してくれたが、『地主の承諾を後でとるから、まずは売買契約を!』と急かされ、本当は不安だった」とのこと。当社の誠実な対応に信頼をいただき、その後の交渉をすべて当社に一任。

さっそく地主さんの意向をうかがったところ、「借地権を買い取ってセカンドハウスを建てることも考えているが、家族と相談したいので時間をくれ」とのこと。
家族会議の結果、「手放す方向になりそうだが、踏ん切りがつかなくて」とまたも時間をくれというご回答。

借地人さんも売却を急いでいたため、まずは当社が借地権を買い取って、借地人となることを提案。
当社が借地人であれば地代も間違いなく入るし、今後の処分にも便利ということで地主さんから快諾をいただきました。

その後、打ち合わせを重ねた結果、底地も当社が買い取らせていただくことに。
借地人さん、地主さん双方のお役に立つことができました。

Wハッピーパターン ③

台東区  Iさんの場合

地主さんは底地を売ることができ、借地人さんはマンション購入資金を確保。 その土地を知人が所有者として購入。

親から底地を相続したが管理が面倒なので処分したいと、地主さんからのご相談。

主に借地権の買い取りを行う当社にとっては逆のケースとなりますが、まずは相手方でもある借地人さんに今後のお考えをおうかがいしたところ、「誰が地主でも構わないし、住友林業レジデンシャルが地主なら心配はない」とのこと。

そこで、当社が底地を買い取り、新しい地主になることに。
しばらく新・地主として借地人さんから地代を頂戴していましたが、借地人さんから「建物が古くなったので、処分して中古マンションを購入する資金に充てたい」とのご相談が。

まずは当社が買い取ることを検討しましたが、借地人さんから「所有権だったら購入したいという知人がいる」とのお話をいただき、借地人さんと地主である当社が共同売却し、「所有権」としてその知人に譲渡することができました。

底地を売ることができた地主さん、マンション購入資金が確保できた借地人さん、所有権として土地が購入できた知人の方。3名さまのそれぞれのお役に立つことができたケースでした。

借地権・底地に関するご相談や、「無料個別相談会」お問い合わせなども、お気軽にお電話ください!

PAGE UP
Contents INDEX