借地権の売却に関するご相談・お問い合わせは(東京23区)
フリーダイヤル:0120-917-093

HOME > 借地権の売却 > 絶対にはずせない3つのポイント‹3.正しい知識を持つ借地権のプロに。›

「絶対にはずせない」3つのポイント

3. 正しい知識を持つ借地権のプロにおまかせ。

■ 更地評価額の6割で売れるってホント?

借地権割合が6:4だから、更地で1億円の土地なら6,000万円の価値がある・・・。
それは大きな誤解です!

借地権割合は、あくまで相続時の税額を算出するための基準、実際の取引価格とは異なります。
こうした誤解は借地権を知らない業者に多く見られる傾向です。

そんな間違った知識にまどわされ、いきなり地主さんに「6,000万円で買い戻して!」と交渉してしまい、結果、地主さんとの関係が泥沼化して売れるはずの借地権も売るに売れなくなることすらあります。
くれぐれもご注意ください!

■ 「借地非訟」は伝家の宝刀?

じつはこわ~い両刃の剣!

借地非訟とは、地主さんが借地権の売却(第三者への譲渡)を許可しない場合などに、裁判所に対し譲渡の許可を求めることをいいます。

一見、借地人さんにとっては、伝家の宝刀のように思えますが、じつはこわ~い両刃の剣、かしこい方法ではありません。

その理由は、

①裁判沙汰にすることで地主さんとの関係が険悪になり、泥沼化すること。
②提訴から許可がおりるまで約1年前後の時間を要すること、もちろん費用もかかります。
などがあり、しかも ③裁判所の許可がおりたからといって問題が解決したことにはなりません。

なぜ解決に至らないか、その詳細はとても一言でご紹介しきれるものではありません。

ぜひ一度、当社の無料個別相談会で直接お確かめいただくことをおすすめします。

借地非訟という強気な態度が仇となり、売れるはずの借地権が売るに売れなくなることもあります。
住友林業レジデンシャルでは、非訟に代わる豊富な知恵と信頼関係であなたの借地権の売却を円満解決します。

借地権・底地に関するご相談や、「無料個別相談会」お問い合わせなども、お気軽にお電話ください!

PAGE UP
Contents INDEX