借地権の売却に関するご相談・お問い合わせは(東京23区)
フリーダイヤル:0120-917-093

HOME > 借地権の相続

知っておきたい! 借地権の相続対策。 「借地権」は、相続や贈与時には課税対象となります。 思わぬ税負担や相続時のトラブルを避けるためにも、 事前に対策を相談されておくことをおすすめします。">

相続税法が変わり、借地権の相続も税負担が発生する可能性も。

平成23年度より、相続税法が変わり基礎控除額が減額になるという案が提出されております。
ちょっと広めの借地、立地のよい借地では、場合によっては、思わぬ税負担がかかる可能性も出てきました。

相続が発生する前に、一度ご相談されてみてはいかがですか。

《法定相続人2名の場合》

控除は
基礎控除3,000万円+法定相続人2名×600万円=4,200万円となり、

例えば路線価50万円/㎡、借地権割合70%の地域で
180㎡(約54坪)の借地権の場合、およそ2,100万円が課税対象となります。

50万円×180㎡=9,000万円×70%=6,300万円
6,300万円ー控除額4,200万円=2,100万円が課税対象額。
※小規模宅地の評価額が受けられる場合はもう少し減額となります。

借地権の相続、複数で準共有するとトラブルのもとに。

借地人に相続が発生した際、借地の処理が面倒だからと、とりあえず複数の法定相続人が準共有で相続することに。
じつはこれが、のちのち、最大のトラブルの原因となります。

借地権の権利を継続するには、地代を払い続け、更新がくれば更新料を支払わなくてはならず、建物の固定資産税も払わなければなりません。次の相続が発生し、さらに権利者が増えることも考えられます。もし、地代が未払いになったり、その借地に建っている建物が朽廃してしまったりすると、せっかくの借地権もその権利が消滅してしまいます。
共同名義の場合、建て替えるにしても売却するにしても、共有名義者全員の同意がないと地主さんへの承諾の交渉すらできません。

相続が発生した際は、継続してお住みになる場合も処分を検討する場合も、どなたかお1人での相続をおすすめします。

借地権・底地に関するご相談や、「無料個別相談会」お問い合わせなども、お気軽にお電話ください!

PAGE UP
Contents INDEX